imgrc0063424001.jpg
核酸は傷ついた遺伝子の修復をする第七の栄養素と呼ばれていますが、それは本来人間に備わっているハズのものです。

しかし、食生活の乱れとか加齢による減衰などもあって殆ど働かない状態になっているのが「核酸」です。

少し詳しく書きますと、

ガンに関して今わかっていることです。
新陳代謝でつくられる新しい細胞の遺伝子が損傷してしまいその損傷が修復出来ず、その細胞が暴走族のように体の中で自己増殖してしまうのがガンです。

従って損傷した遺伝子を修復できるように新たに出来る遺伝子に栄養を与えることが大事です。
その栄養は核酸です。我々の体は若い頃は肝臓で核酸をつくっていますが加齢とともに十分な核酸が出来ず外から摂取しなけばなりません。

私の周囲に80歳を超えたやはり膳立腺ガンで患者だった方が核酸を意図的に取り入れて今では健康体で外で活躍を再開した人がいます。

核酸に関する情報を入手して確認下さい。
書物では京大松永政司著「細胞から若返る遺伝子DNA核酸栄養学」144ページ。
また吸収し易い水溶性の核酸を製造していますフォーデイズをネットで検索下さい。


 

核酸には「DNA」と「RNA」が含まれていて

「RNA」は一般的に遺伝子情報をコードするDNAと

蛋白質の仲介者として働くようになっています。

一般的なことはネットで簡単に調べられますので、その話は避けて

今回は私の体験で、この核酸がどのように影響したかを

お話します。

6年ほど前に、胃がんになったことがあります。

あの時、見落とされてしまったのですが、大腸がんも同時に併発させて

いました。

普通なら今こうして生きているのが、殆ど奇跡です。

私の会社の仲間(同年代)も次々とガンにかかり、命を落としていきました。

私だけがどういう訳か、生き残った。

何をやって生き残ったかを少し長くなるかもしれませんが

聞いてください。

 

手術は普通に成功しました。しかし、がん細胞は体内にしっかり残ってました。

「注意深く見守ってください」という検査医から担当医に話が行っていたようで

それを告げられました。

この頃「三法行」というのをやってましたが、これは別の話に発展するので

別の機会に心の問題として記事を書きます。

ニュースキンのディストリビュータをしている知人が私のところに来て

「これ体にいいから、飲んでみて」と言ってすすめられたのが

g3ジュースライフパック、そしてティグリーンというビタミンが強烈に

大量に入っているサプリメントです。

勧められるまま飲みだしました。

体調は確かに良くなった。そして、一年が経った時

病院で定期検診を受けます。一年に1回毎年

がん検査をするようになってますので、CT検査やら

超音波検査とかをやります。

結果は、ガンが進行していました。それどころか

大腸がんをこの時に発見することになります。

実は、この時大腸がんを見落としたら、来年は生きてなかったよ、

と医者に言われたほど進行してましたので、危機一髪でセーフです。

その頃です。違う友人が違うものを私のところへ持ってきます。

フォーデイズの核酸ドリンクです。

これを飲み続けて、一年後のこと。

検査ですごい結果が出てびっくり。

「村上さん、ガン細胞が消えてます。良かったねー」

と言われ、すごい喜んだことをはっきりと覚えてます。

今、この核酸はすっかり習慣となり、今も飲み続けています。

g3ジュースライフパックもしっかり飲んでます。

おかげ今では、風邪さえもひくことのない健康体です。

ライフパックを飲んでますので、少々栄養不足の食事でも

ライフパックが栄養を補完しますから、身体は健全です。

命を救ってくれた核酸ドリンクの販売サイトにリンクしておきます。

健康に不安がある人は、是非利用してください。

http://item.rakuten.co.jp/kenkoex/794625/

楽天市場で販売しているショップがありました。

この手のものを一般ショップで販売していいのか?という疑問もあるのですが、売っているのですから利用してください。

(これは本来、ネットで不特定多数に向けて販売してはいけない商品のハズなんですが・・・)

 

これに限った話ではありませんが、サプリメントを飲む時は空腹状態では飲まないでくださいね。

ビタミンの類もそうですが、一般的に酵素が一緒に体内に入っていかないと栄養素が体に循環しません。

食間か、食後がベストです。

朝方にこれを飲む時は、パンかバナナひと切れでも、または野菜サラダとかを

先に食べてそれから、この核酸を飲んでください。

飲み方を間違えたら、何の効果もありません。

サプリメント全てに言える話です。

 カテゴリ
 タグ