4170lcBEZYL._SX309_BO1,204,203,200_.jpg

書籍;『認知症』;磯野家の介護
〜もし波平がまだらボケになったら〜



認知症の家族をお持ちの方、また中高年にさしかかった人は是非一読することをお勧めします


もし、現在ご家族の中に『認知症』、
いわゆる『ボケ』の症状が現れてきている お年寄りがいらっしゃったら、 とても良い、介護のヒントと知恵を与えて くれる書籍です。


『ボケ』という言葉でサラッと言うイメージ以上に実際の介護は、体力的にも精神的にも大変です。


実際に、僕の祖父も生前、『認知症』になり、両親が介護する姿を見ていましたので、その大変さは良くわかります。


認知症の進行具合によっては、理解しがたい行動がてんこもりになってきます…(汗)


とはいいつつも、四六時中見ているのは無理ですから介護している方は、気の休まるところがないといった感じになります。


だからといって、対処法もわからない訳です。(;_;)
(何か教えても治るわけではない。。。)


これが原因でストレスがたまり、家族の不和が生じたりもします。
(実際、私のところもピリピリしている事が多かったように思います。)


おそらく、

高齢者数が増加傾向にある現代、リアルにこういった介護の問題を抱えてらっしゃる方はたくさんいるのではないでしょうか。


どんな病気に対しても言える事ですが、

たとえ小さな知識や、人から聞いた事であれ、『事前の知識』が少しでもあると、『心のゆとり』を作る事ができます。


あらゆる面で一番心身的にダメージを与えるのは『不安』です。そして『不安』は知らない事や未知の事に対してから生まれます。
一度不安が生まれると、心も体も急速に消耗するモードに入っていきます。


この書籍は、介護というものに対して、『不安』を取り除いてくれます。


『こういう場合には、こう対処しよう!』
といった介護アドバイスが満載です。


そして、認知症という一種の病気である以上、患者が起こしうる行動にはパターンがあります。
(『認知症』としてよくあるパターン)


ですから、パターンや対処法を事前に知り、極力ストレスを貯めないように、当人と付き合っていこうというのがこの本のスタンスです。(^-^)


この書籍が、特に今は必要ないという方も多いかもしれませんが、現在進行形で、『今後の介護にちょっと不安を覚えている。』というような方がいらっしゃったら是非ご覧になってほしい1冊です。

少しでも多く『心にゆとり』をもって当人と接していけたら、どちらも気持ちいいはずです。
そして、無駄なストレスをためなくて済みますね(^-^)


こういうボケ防止に最近効果があるというのが、



水溶性の核酸ドリンク
イチョウ葉エキス

などがボケ防止に一定の効果があるという報告を読んだことがあります。
治る、というものではなくて、その人がたまたま効果があっただけかもしれませんが、
核酸に関しては「脳内核酸」という言葉もあるくらいで、一定の効果があるのは確かなようです。

-----------------------------------------

書籍内容の紹介:磯野家の介護 〜もし波平がまだらボケになったら〜

<<<<< 書籍の内容は、以下の通りです。>>>>>

日本一有名な家族の大黒柱に異変が!?

201X年 突然のまだろぼけが
出てきた磯野家の大黒柱が巻き起こす
出来事を実例に分かりやすく楽しく
介護の仕組みが分かる実用書の決定版す!

さっき伝えたばかりなのに…… 波平、同じことを何度も聞く
サザエ、あわや犯人に!? 波平、夜中に「財布を盗られた!」と大さわぎ
フネ仰天! 波平、便器の水で手を洗う
デイサービスは合同コンパ!? 三角関係で一触即発!!

目次

第1章 まだらぼけってどんなもの?
第2章 まだらぼけケーススタディ@ マダラーさんのデリケートな心
第3章 まだらぼけケーススタディA 日常生活の「困った!」はこう解決
第4章 行政と二人三脚で快適介護!
第5章 ここが知りたい在宅介護! 痒いところに手が届く介護の疑問あれこれ

 カテゴリ
 タグ