カテゴリ:病気予防

病気予防のカテゴリ記事一覧。健康でいるためのコンテンツ配信ブログです。
No Image

病気予防
山陽新聞、H24。10月3日の15ページの記事です。それを掲載します。食事でマグネシウムを多く取る人は、生活習慣病の2型糖尿病になりにくい。欧米の疫学研究では…

記事を読む

No Image

病気予防
樹木希林さんが、「私は全身ガンだらけ・・・」という発表していましたね。それを受けて、ガンについてまとめてみました。かなり長い文面です。時間がある時に読んでくだ…

記事を読む

糖尿病抑制にマグネシウム

山陽新聞、H24。10月3日の15ページの記事です。
それを掲載します。

食事でマグネシウムを多く取る人は、生活習慣病の2型糖尿病
になりにくい。
欧米の疫学研究では以前から指摘されていた傾向が、福岡県久山町
の住民の健康診断データを21年間にわたって追跡した九州大チーム
の調査で確認された。アジアでの研究は少なく、結果も一致していなかった。

チームは、1988年の健診で糖尿病ではなかった40歳から79歳の住民
1999人を2009年まで追跡。うち417人が糖尿病を発症した。

住民が食事で取るマグネシウムの量は、88年に70項目わたる質問で把握。
1日の平均摂取量によって四つのグループに分け、糖尿病発症との関連を
調べた。

すると、マグネシウム摂取量148.5mg以下の最も少ないグループと
比較すると、摂取量が増えるほど糖尿病のリスクが下がるという結果になった。
また、インスリンの効きが悪い「インスリン抵抗性」の人、習慣的に酒を
多く飲むなど一般に糖尿病のリスクが高いとされる人で、マグネシウム摂取に
よる予防効果が高い可能性も示された。

データは、横浜市で開かれた日本糖尿病学会で発表された。

マグネシウムは豆や海藻をはじめ精製していない食品に広く含まれる。
厚生労働省は30歳から49歳の男性に1日370mg、同年代の女性に
同290mgの摂取を推奨しているが、実際の摂取量は男性平均250mg、
女性同224mg(2010年国民健康・栄養調査)とだいぶ下回っている。
食品による取り過ぎの報告はないが、サプリメントなどで過剰に摂取すると
下痢などを起こすことがあるという。


以上、記事より抜粋。

こちらは、食事療法の動画を掲載しています。

糖尿病 食事療法で合併症予防! とり肉のレモン焼き


 カテゴリ
 タグ

ガンという病気の予防

樹木希林さんが、「私は全身ガンだらけ・・・」という発表していましたね。
それを受けて、ガンについてまとめてみました。

かなり長い文面です。時間がある時に読んでください。

 

最近はガンによる死亡率が高くなっているといます。
高齢化が死亡率増加の要因とも報告されていますが、
ガンに罹る人は確実に増えています。

ただ最近はガン=死亡、というのは減少してます。
発見が遅いと死亡に繋がりますが。

予防のためにもガン検診は、一定の歳を過ぎたら(35才以上)
毎年ガン検診を受けておいた方がいいでしょう。

検査代金は健康保険を効かせても「○万円」の桁ですが。
しかし、命を守るためです。その費用はしっかり作りましょう。

■さて予防ですが

活性酸素や過酸化脂質がその要因とも言われています。
活性酸素は、人間が生きていれば空気を吸う以上は避けられません。
過酸化脂質は、はコレステロールや中性脂肪といった脂質が、活性酸素によって
酸化されたものの総称です。

■活性酸素は、

抗酸化物質で予防できます。
濃いめのお茶(カテキン)などがその一つです。
SOD様活性もそのひとつです。

 

私もガンになってからは濃いめのお茶ばかりを飲んでいます。
その他に、ファーマネックスの最強のサプリメントとフォーデイズの
すごい効き目のサプリメント。これらを愛用してきました。

 

そして、過酸化脂質。

これは何をやっても自分のこの身体は増える一方ですが、
それを無理やり抑えるために、高いけどファーマネックスの
専用のサプリメントで抑えています。
コレスティンという製品)
他でも出してますが、高い効き目を考えてファーマネックスにしました。
(高い効き目 = 吸収率 と捉えてください)

■過酸化脂質

コレステロールとか中性脂肪は、EPA・DHAがその予防をしてくれますが、
EPA・DHAというのは魚を食することで予防が出来るようですが、そんな毎日は
中々摂れるものではないですね。

医者がくれる薬も摂っていますが、半分まじめに、半分いい加減に(笑)。
早い話が、医者の薬に頼りきると、身体がボロボロになっていくので
自然治癒力を上げるために、サプリメント処方を中心にやっています。

医者の薬を摂ってないワケではありません。半分摂ってます。半分は捨てます。
これは正直な話です。

クスリ全てが悪い、というわけではありません。化学薬品が身体に入ることが
不自然というだけの話しです。クスリとサプリの両方で治療を進めるのが最善
だと思います。改善、あるいは治った、と医者から言ってもらえたらOKですね。

血液検査は定期的にやっておくことをお勧めします。血液検査で色々なことが
判断できます。栄養の過不足やらETC。。。

##############################

活性酸素は抗酸化物質で、という話しをしましたが、

抗酸化物質とは何か
それはビタミンです。

ビタミンC,Eなどがそれにあたります。他にも抗酸化物質の
成分はありますが、聞きなれない成分なので、とりあえずここでは省略します。

そのビタミンの摂取の仕方にまた問題があります。

摂取の仕方は
空きっ腹に摂取しない。
これだけです。できたら酵素を含んだものを
先に食して、その後に摂取するのが理想です。

◆ガンに効く自然界に存在する成分

(a)カテキン
(b)霊芝
(c)プロポリス
(d)アラビノガラクタン(セイヨウカラマツ)
(e)高麗人参
(f)カロチノイド

となっています。
この他に人間には元々備わっているはずの核酸もその一つですが
この核酸はがん細胞を抑える役割を持っています。

ガンに効く自然界に存在する成分

(a)カテキン
(b)霊芝
(c)プロポリス
(d)アラビノガラクタン(セイヨウカラマツ)
(e)高麗人参
(f)カロチノイド

(a)のカテキン

これは皆さんご存知の名前です。
・濃い目のお茶には少し多めに含まれています。私は濃い目のお茶ばかりを
愛飲しています。
効果は、血圧上昇抑制作用、血中コレステロール調節作用、血糖値調節作用、
抗酸化作用、老化抑制作用、抗突然変異、抗癌、抗菌、抗う蝕、抗アレルギー作用
などがあります。ただ、海外で肝臓障害が報告されたこともあるので、摂取には
摂り過ぎに注意が必要ですね。

(b)霊芝

・これについては様々な問題報告もあって、はっきりガンに効果あり、とは言えないが
実験動物での有用性は確認されています。
霊芝は日本では「サルノコシカケ科マンネンタケ」と呼ばれてるようです。
ガンを霊芝が破壊するのではなく、人間が元々持っている機能を高めて、キラー細胞の力で
ガンを破壊する、という働きになります。

(c)プロポリス

・滅多に聞くことのない言葉ですよね。
これは、ミツバチが野外から採取した植物の樹脂などを練り合わせ、営巣空間の内面を
内張りしたり隙間を埋めるのに使う物質です。主にセイヨウミツバチしか集めないようです。
しかし、このセイヨウミツバチの問題はあらゆる方面で問題が続出してますね。
プロポリスは健康食品として欧米などでは古くから強壮剤として使われてきたシロモノですが。

(d)アラビノガラクタン(セイヨウカラマツ)

・聞くことのない成分ですねー。アラビノースとガラクトースが結合した、多糖類の良質な
水溶性食物繊維です。セイヨウカラマツに多く含まれているそうですが、日本産のカラマツにも
含まれています。しかしいずれにしてもサプリメントからでないと一般的には摂取は不可能な
シロモノです。
(e)高麗人参
・オタネニンジンが正式名称で、チョウセンニンジン(朝鮮人参)、コウライニンジン(高麗人参)、
単に人参(人蔘)とか別名で呼ばれることのあるシロモノです。

(f)カロチノイド

・天然に存在する色素のことを言います。β-カロチンとかリコピンとかお馴染みのものなどに含まれる
色素のことですね。

ガンに効く? そう言われてもこんな成分普通の野菜からは摂れないんじゃないの?
という不満が出そうです。
ガンになってしまうと、食事中心ではなんにしても治りません。と思います。
どこをどう調べても答えが出てきません。
食事ではなく、一番最初に「心の問題」が解決の糸口になるかもしれませんね。

最後に、核酸はガンの抑制になる、と書きましたので
その商品を紹介してこの記事を終わらせます。

フォーデイズの核酸ドリンクです。
 カテゴリ
 タグ
記事一覧
(06/07)閉経後の心配、骨粗しょう症を予防する方法
(03/25)ドライアイは放置すると急激に視力低下を引き起こす
(03/20)飲み方を間違えなければガン細胞が消える核酸の効果
(03/19)ボケ・徘徊の恐怖を味合わないで元気な老後を迎えるための「イチョウ葉エキス」
(03/19)不快でひどい汗っかきを治したい!あの人に嫌われないですむ方法
(12/14)血便が出た!痔とは限りません。胃ガン・大腸ガンの可能性もある
(12/14)末期ガンから身を守ってくれる!NK細胞の活性化の要点
(12/14)若さを維持したい人に知っておいて欲しいこと;笑うだけでも効果があるけど他にもある
(10/30)おしっこの切れをよくしたい!ノコギリヤシに効果はあるのか?
(08/16)ダイエットと新陳代謝の関係
(05/30)ガン手術したその後の生活姿勢を間違えると病院へ逆戻り
(05/30)老化の早い敏感肌にはこれが最適
(05/30)更年期障害を解消させるマカの力
(05/23)食べて痩せるヨーグルトダイエット
(01/02)認知症に備えるためのサプリメント
(01/02)噛む能力の衰えた人に最適なサプリメント
(12/17)細胞の老化を防止し若さを保てるスーパー栄養素がある
(11/21)年齢とともに耳に問題が出るのをどう防ぐか
(10/20)糖尿病抑制にマグネシウム
(09/18)「肩こり・肩の痛みがスッとなくなる」解説動画
カテゴリ
リンク集
記事を書いたら「Ping!」

健康改善の有料情報

Copyright © アイフォテック 健康館 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます