骨粗しょう症は閉経後の女性に多く見受けられます。
ここでは、その症状と対策としての効果的栄養素は何か?について掲載します。

症 状



骨組織の量が減少した状態を骨粗しょう症と言います。
骨粗しょう症になると、骨に目の粗い軽石、またはスポンジ状の小さな穴が沢山できて、もろく折れやすくなります。

骨の代謝が行われず、カルシウムの量が著しく減ってしまうと、骨量も減少して弱体化してしまいます。
一番影響を受けるのが背骨で、そのため腰のだるさや腰痛を起こしたり、腰が曲がってしまったりします。

ちょっと転んだだけでも、骨折に至る場合もあります。


原 因



骨粗しょう症は、閉経期以降の女性に多く発症します。

これは、加齢により、女性ホルモン(エストロゲン)が減少していくと、エストロゲンが持っていた骨の保護作用がなくなり、骨がもろくなるためと考えられています。

例えば、大腿骨頚部(だいたいこつけいぶ)骨折が女性に多く見られるのもそのためと考えられています。

日常的にできる対策とは



骨粗しょう症は予防が大切です。
日光不足、運動不足も原因と考えられていますから、日頃から、毎日の散歩や軽い運動を行うようにしましょう。

効果のある栄養素



栄養摂取にあたっては、カルシウムの多いものを摂取するよう心がけましょう。

カルシウムは骨だけでなく、筋肉などの組織にも必要な物質で、100ccの血液中に9〜11mgほど含まれています。
これが不足すると、骨から補給するようになるので、骨粗しょう症が起こりやすくなります。

また、近年話題の大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに似た働きがあり骨粗しょう症に効果を表すことが確認されています。

カルシウムの吸収を促進するビタミンDは、紫外線を適量浴びることで体内に合成されるビタミンですから、日光にあたることも大切です。

骨の発育には、ビタミンCやマグネシウムも必要です。
牛乳や乳製品に多く含まれるカゼインホスホペプチドは、カルシウムの吸収を促進するため、積極的にとりたいものです。

<まとめ>
(1)カルシウム + ビタミンD + 日光にあたる。
(2)吸収促進として、ビタミンC + マグネシウム も必要。
(3)乳製品を積極的にとる。

有効なハーブと栄養成分



イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きがあり、カルシウムが骨から抜けるのを防ぎます。
またそれだけでなく、骨量を増やす働きもあります。
イソフラボンの摂取量が多いほど骨密度が高いというデータもあります。


有効成分のまとめと働き



(1)CPP(カゼインホスホペプチド)
カルシウムの吸収促進に効果を発揮します。

(2)カルシウム
骨を形成する成分の一つです。コラーゲンやコンドロイチンと併せてとってください。

(3)ビタミンC
骨に弾力性を持たせるのに必要な成分ですので、是非摂取してください。

(4)ビタミンD
これは腸内でカルシウムの吸収を促進します。
骨というのは毎日作り変えられますので不足しないように摂取してください。

(5)マグネシウム
骨の構成成分の一つです。併せてとってください。

(6)グルコサミン
軟骨組織の保水性や弾力性を保つのに必要な成分です。

お薦めサプリメント



(1)ライフパック + g3ジュース
(2)下記のいずれか一つ
(2−1)アイソフレックスシーエイ、
(2−2)またはエストロケア、
(2−3)またはローヤルゼリー

これらはファーマネックスの製品で効果は保証付きですが、ただ高いのです。
楽天市場、アマゾンなどでも購入できます。

アイソフレックスシーエイ
アイソフレックス.jpg

ニュースキン NU SKIN ライフパック 03003088

ライフパック.jpg
 カテゴリ
 タグ